物置を作れないならトランクルームを借りてみよう!

トランクルーム設置場所や費用などの関係で物置を作るのが難しい場合もあります。それでも家からあふれる物たちを収納したい、そんな時はトランクルームもおすすめです。トランクルームとは自宅以外に借りる物置だと思えばよいです。メリットは場所の心配をすることなく収納スペースを確保する事ができる点です。短期間での貸し出しにも対応してくれるところもあります。引っ越しなどで一時的に預けたい場合や、家の建て替えで一時的に収納場所が欲しいときなどにも便利です。デメリットとしては費用がかかることでしょう。多少なりとも預けるためには利用料が発生します。

トランクルームにもいくつか種類があり、預けるものによって選び方が変わります。屋外コンテナ型のトランクルームは比較的管理が緩く、持ち主が自由に出し入れする事ができます。預けたものの管理まではしてくれないので、湿気や温度差に弱いものなどの保管には不向きです。比較的放置しても劣化しないアウトドア用品や食器類、CDやDVDといったものならば安心して預けることができるのではないでしょうか。また、屋外コンテナは費用の面ではメリットがあります。季節ものの服などは屋外コンテナではカビなどの被害にあいやすくなります。空調設備のある屋内型のトランクルームや宅配型トランクルームをおすすめします。ひな人形や季節物の寝具なども、屋内のトランクルームを利用した方がよいですね。

トランクルームには預ける事ができないものもあります。現金や貴重品などは避けるべきですし、食品なども預けることはできません。ペットなどの生き物も同様です。ガソリンや灯油なども発火の危険があるため預けられません。冬に使ったストーブなどを預けるときは、燃料が残っていないか注意しましょう。コンテナ内が高温になると自然発火の恐れもあり、大変危険です。

費用は安いところは2000円代から、管理がしっかりしているところであれば50000円など、相場には開きがあります。設置されている場所によっても変わりますし、トランクの広さや機能によっても価格は変動します。めったに使わないけれど捨ててしまう事は出来ないようなものは、遠くても安めのトランクルームを選んでもよいでしょう。反対に大事なもので管理が必要な時は料金が高めでも近場で環境の良いところを選択した方がよいです。それぞれにメリットとデメリットがありますが、自分の収納したいものと相談して、賢い選び方をしてください。