夏場に多い台風から物置を守る方法!

台風屋外物置は外にある性質上強風に弱いです。とくに台風の脅威からは逃れられません。少しでも被害を少なくする方法として、アンカープレートを利用するのが有効です。転倒防止用に物置自体に付属している場合も多いです。アンカー工事としてメーカーに頼むこともできますし、DIYで自分で設置することも可能です。アンカープレートをアンカーボルトで固定します。強度の面で格段に良くなるでしょう。

物置内で重いものを下にすることも意味があります。重心が下になればなるほど安定感が出ますので、整理する際は意識して移動させるべきだと言えます。重心を考えずに何でもかんでも放り込んでしまっては危険です。整理整頓はいつも心掛けておきましょう。

台風対策としてはネットを張ることも有効です。ワイヤーを使って物置にネットを張ることで、強風に対する支えとなります。風によって周辺から飛んでくる物から物置を守ることにもつながります。ワイヤーを使った作業は危険を伴いますので、台風が近づく前に準備しておくことが大切です。施錠をしっかりしておくことも重要でしょう。普段忘れてしまいがちですが、強風にあおられて扉が開いてしまう可能性も大いにあります。しっかりと施錠しておくことで、そのリスクを減らすことが可能です。

台風対策は事前の準備にかかっています。来てしまってからではすでに遅く、準備が甘いと物置ごと吹き飛んでしまったり、中身が風に舞ってとても危険な状態になってしまいます。一番有効なのはコンクリートなどにアンカープレートで固定してしまう事です。アンカー工事は自分でもできますので、台風被害を抑えるためにもできれば施工しておいた方がよいです。アンカー工事をして、重いものを下にするように物置内を整頓し、風にあおられないようにワイヤーで固定し、ネットを張って飛来物からも守るようにできれば、被害を最小におさえることができるでしょう。

軽すぎる物置も考えものです。ある程度は重さが無いと、物置ごと倒れてしまいます。水を入れたポリタンクを重りとして入れておくのもよいでしょう。台風が多い地域では台風に強いタイプの物置を購入することもおすすめです。金属製のしっかりしたものを選びましょう。扉もしっかりと施錠できるタイプのものを選んでおけば安心です。台風による物置の転倒は、自宅だけでなく周りの住民にも危険を及ぼす可能性があります。しっかりとした対策をとって、台風から被害を受けないようにしましょう。